柔らかい皮に包まれた、神秘のフルーツ

 主に山梨県や福島県などが一大産地のももですが、愛媛県内子町でも戦後頃からももの栽培が始まり、今では県内でも随一の良質なももが食べられると、毎年各種メディアの取材を受けるほど評判の観光農園もあります。
 内子町は盆地で寒暖の差が大きいことや、丘陵地で配水が良いため、おいしいももが実ります。


 「桃の葉」のエキスが配合されたボディソープがあるように、ももを食べることで美肌効果にもつながり、ももに含まれるカテキンは、生活習慣病やアンチエイジングにも期待されています。


 内子町でもも狩りができる農園は『ツーリストファーム百楽園』と『エコファームうちこ』の2園です。シーズンは7月中旬から8月中旬まで。どちらも人気の園ですので、予約必須です!